スンダリ横浜駅近の最新情報ブログ

まつげエクステの起源と歴史

 まつげエクステの歴史についてお話ししていきます(*^_^*)


意外に思われるかもしれませんが、まつ毛エクステの発祥は”韓国”で、つけまつげ工場が余った人工まつげを再利用したのがきっかけとして30年程前に誕生しました。
美容業界では比較的歴史の浅い技法とされています☆

まつ毛に関しては大昔から現在までとにかく濃くて長いまつ毛が美しいと、世界中どこでも同じような価値観を持っているようです。
濃く長いまつ毛はとにかく目がパッチリと大きく見え、顔にメリハリが生まれます。
女性の持つ美の願望を満たす施術法として爆発的な人気が出たのも頷ける話ですね。
まつげエクステが日本に入ってきたのは10数年前といわれていて、当初は6本~8本毛束状のまつげを地まつげ2~3本束にして付けていたそうです。 そのため自まつ毛に負担がかかり、「取れやすい」「仕上がりが不自然」「地まつ毛が抜けた」などの問題点も多かったようです(:_;)

その後2003年に現在主流となっている毛先が細い人工毛が誕生し、グルー(専用接着剤)の性能も改良され持続性と安全性を兼ね備えたグルーに進化を遂げました!!
『ウイングエクステンション』と呼ばれる単体のエクステを1本1本の自まつ毛に装着するタイプのまつげエクステンションはメーカー『プリアンファ』によって国内にもたらされました。
軽く、柔らかく、まるで自まつ毛が伸びたかのような自然な仕上りに一気に人気が加速。あっという間に日本全国に広まり、多くの専門サロンが誕生したのです。 その後も問題点を着実にクリアしていき、多くのサロンの普及に繋がりました。

近年、韓国で行われた国際的なコンテストでは、なんと日本人が優勝しました。
本場の韓国で開催されるハイレベルなコンテストなので、いかに日本人のまつ毛エクステ技術が発展しているか分かりますね(^^)

皆様のご来店お待ちしております☆

  
  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • yahoo
  • line
この記事にコメントする
お名前
コメント
※注意事項
・投稿される際はJavaScriptをオンにしてください。
・コメントは認証後に表示されます。
・コメントにURLは入力できません。

ページトップ

WEB予約時の注意事項(必ずお読みください)


※オプションの下まつげの施術を受けたい方は予約時のお客様情報を入力する際の「ご要望・ご質問」欄に「下まつげ希望」と記載下さい。
※お子様の連れでご来店のお客様についても上記同様「ご要望・ご質問」欄にその旨を記載お願いします。

WEB予約時の注意事項(必ずお読みください)


※オプションの下まつげの施術を受けたい方は予約時のお客様情報を入力する際の「ご要望・ご質問」欄に「下まつげ希望」と記載下さい。
※お子様の連れでご来店のお客様についても上記同様「ご要望・ご質問」欄にその旨を記載お願いします。

WEB予約時の注意事項(必ずお読みください)


※オプションの下まつげの施術を受けたい方は予約時のお客様情報を入力する際の「ご要望・ご質問」欄に「下まつげ希望」と記載下さい。
※お子様の連れでご来店のお客様についても上記同様「ご要望・ご質問」欄にその旨を記載お願いします。