スンダリ横浜駅近の最新情報ブログ

コンシーラーで目の下のクマを隠すメイク
不健康そうな印象の目の下のクマですが、即刻消したい隠したい時にはにはコンシーラーでカバーできます。

朝起きて、気づいたら目の下にクマが・・・という時ありますよね(:_;)
目のクマがあると、なんとなく疲れ気味や老けた悪い印象を与えてしまいます。

目の下にクマがあるとどんよりとした印象になったり、つい周りの人から「疲れてるの?」と聞かれてしまうこともしばしば・・・

そこでお手軽に目のクマを隠すことができるコンシーラーが大活躍です(*^_^*)
目のクマをカバーするときのコンシーラーの使いについてご紹介します☆

最初にクマのタイプを見極めます!

目のクマには種類がありますのでクマの種類に応じて使用するコンシーラーを使用するとうまく目のクマを隠せます。
ご自身のクマがどのタイプか把握しておくと、どのコンシーラーを選ぶかわかりますよ!
キレイにカバーできるコンシーラの色を選びましょう♪

 

青クマ


あっかんべーして目の下の皮膚を下に引っ張った時に 、目の下のクマが薄くなったら、あなたのクマは「青クマ」です。
青クマとは、目の周りの毛細血管が滞ることで、目の周りの薄い皮脂から毛細血管が透けることで青く見える目のクマのことになります。
主にホルモンバランスの崩れ、睡眠不足や疲労、ストレス、また目の疲れも原因となるため、生活習慣が崩れると青クマができやすくなります。
青クマを目立たなくさせるにはまず、クマを対照の色でカバーすることが大切です。
「青色」の対照色はオレンジ(赤っぽい色)。青クマは「オレンジ色のコンシーラー」を選ぶのがおすすめです。

黒クマ


鏡を持って上を向いた時に、クマが薄くなったら、あなたの目の下のクマは「黒クマ」です。
実は黒クマのは、コンシーラーでも隠しにくいものです。
原因 ・加齢によるたるみ ・目の下のコラーゲン不足 黒クマは他のクマと違って、皮膚の色が変わっているのではなく、たるみにより影ができてクマのように見えているという現象です。
そのため元々涙袋が大きい人ほどよく目立ち、顔がむくんだ日はもっと目立ちます。
黒クマにはベージュまたはオークル!
なるべくお肌の色を明るくさせてくれるものを選びます。

 

茶クマ


両方とも薄くならなかったら、あなたの目の下のクマは「茶クマ」です。
紫外線や物理的な刺激による色素沈着が主な原因になります。
色素沈着は、紫外線を受けたダメージや、目のこすりすぎなどによって起こりやすいです。
また、アトピー性皮膚炎や乾燥によるかゆみ、さらにマスカラをしっかり落としていない場合も茶クマの原因となります。
そのため、目の下だけでなくまぶたにも茶クマができることもあります。
茶クマを隠すには、クリームベージュ系のコンシーラーを使用するのがオススメです。

 

クマを隠すだけで、だいぶ印象が変わります!!よかったら試してみて下さいね(*^_^*)

  
  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • yahoo
  • line
この記事にコメントする
お名前
コメント
※注意事項
・投稿される際はJavaScriptをオンにしてください。
・コメントは認証後に表示されます。
・コメントにURLは入力できません。

ページトップ

WEB予約時の注意事項(必ずお読みください)


※オプションの下まつげの施術を受けたい方は予約時のお客様情報を入力する際の「ご要望・ご質問」欄に「下まつげ希望」と記載下さい。
※お子様の連れでご来店のお客様についても上記同様「ご要望・ご質問」欄にその旨を記載お願いします。

WEB予約時の注意事項(必ずお読みください)


※オプションの下まつげの施術を受けたい方は予約時のお客様情報を入力する際の「ご要望・ご質問」欄に「下まつげ希望」と記載下さい。
※お子様の連れでご来店のお客様についても上記同様「ご要望・ご質問」欄にその旨を記載お願いします。

WEB予約時の注意事項(必ずお読みください)


※オプションの下まつげの施術を受けたい方は予約時のお客様情報を入力する際の「ご要望・ご質問」欄に「下まつげ希望」と記載下さい。
※お子様の連れでご来店のお客様についても上記同様「ご要望・ご質問」欄にその旨を記載お願いします。