スンダリ横浜駅近の最新情報ブログ

まつげエクステの起源と資格って?
近年ヘアカラーやネイルと共に私たちの生活に浸透してきたまつげエクステ。

そもそもいつ、どこで始まったの?

資格って何が必要なの?

お客様にも聞かれる機会も多いので知識としてきちんと知っておきましょう♪

発祥の地は『韓国』


まつ毛エクステの発祥の地は日本とお隣の国、韓国だと言われています。

付けまつ毛の工場で、余った付けまつ毛を再利用することから始まった技法で約30年前に誕生しました。

 

実際にまつ毛エクステが日本に入ってきたのは10数年前で、

当時は本数の多い束タイプのエクステンションを2,3本束にして付けていたそうです。

その為仕上がりが不自然だったり、

自まつ毛に対する重みがあるため自まつ毛が傷むなど、

問題が多かったようです。

今では考えられませんね。

実用的になった2003年


それに対し、2003年あたりから毛先が細い現在主流の一本ずつのエクステンションが開発されて

グルー(エクステンション専用の接着剤)も進化して、

持続性と安全性も兼ね備えたものになっていきました。

 

その結果、軽くて、柔らかい、自然な仕上がりに人気が出て、

現在のまつ毛エクステサロン急増に繋がったのですが、

それに伴いトラブルが増加してきてしまったことは最近ニュースでもよく取り上げられるので皆さんご存知かと思います。

アイリストになるには美容師免許が必ず必要に!


まつげエクステ・パーマが流行り始めた当初は美容師免許が無くても施術可能でした。
しかし、無資格・無認可サロンの増加に伴い、

トラブルの報告(まぶたが腫れる・目が充血する、など)が

消費者生活センターなどに多く寄せられるようになってきたため、

規制をし、今後も施術を行ってよいアイリストを選別する必要が出てきました。

 

「まつげエクステ」などまつげへの施術は、
美容師法に基づく美容行為であり、

美容師免許(国家資格)を持った美容師が、

保健所の確認を受けた美容所でなければできません。

(尚、「認定」等を受けた店舗が多数存在しておりますが、これらは各種民間団体等によるもので、国家資格である「美容師免許」ではありません。 )

当サロンは『全員が美容師免許取得者』で、

美容師法第12条に基づき、保健所登録済の安全安心サロンです。

保健所からの指導を守り、

技術はもちろんのこと衛生面を徹底しております。

また、法律を遵守しながらきちんと講習を受け定期的に技術チェックを行うなど、

確かな知識と経験、技術を持ったアイリストが在籍するサロンですので、安心していらっしゃってくださいね(*^_^*)♪

 

 

【口コミ人気上昇中】横浜駅きた西口より徒歩5分!
おすすめまつげエクステサロン|スンダリ横浜





●営業時間
月土  10:00~22:00(最終受付21:00)
祝日  10:00~19:00(最終受付18:00)
休業日 日曜日
TEL 045-326-4440

●オンラインWEB予約URL
(スマホ版)
http://reserve.sundari-eyelash.com/v3rv/smt

●アクセス
http://sundari-eyelash.com/access.html

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-7
グローリア初穂横浜502

 

  
  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • yahoo
  • line
この記事にコメントする
お名前
コメント
※注意事項
・投稿される際はJavaScriptをオンにしてください。
・コメントは認証後に表示されます。
・コメントにURLは入力できません。

ページトップ

WEB予約時の注意事項(必ずお読みください)


※オプションの下まつげの施術を受けたい方は予約時のお客様情報を入力する際の「ご要望・ご質問」欄に「下まつげ希望」と記載下さい。
※お子様の連れでご来店のお客様についても上記同様「ご要望・ご質問」欄にその旨を記載お願いします。

WEB予約時の注意事項(必ずお読みください)


※オプションの下まつげの施術を受けたい方は予約時のお客様情報を入力する際の「ご要望・ご質問」欄に「下まつげ希望」と記載下さい。
※お子様の連れでご来店のお客様についても上記同様「ご要望・ご質問」欄にその旨を記載お願いします。

WEB予約時の注意事項(必ずお読みください)


※オプションの下まつげの施術を受けたい方は予約時のお客様情報を入力する際の「ご要望・ご質問」欄に「下まつげ希望」と記載下さい。
※お子様の連れでご来店のお客様についても上記同様「ご要望・ご質問」欄にその旨を記載お願いします。